"まちづくりエディター"事務所のお披露目(*^^)v

今日は、朝の新聞配達を終えて二度寝してから、午前中は「まちづくりエディター事務所」のお披露目イベントに参加しました。
「まちづくりエディター」とゆーのは、辞書には「編集者」って書いてあるけど、まちづくりのリーダーみたいなもんで、岬町では空き家の活用や移住支援、農漁業の活性化に取り組む「エディター」を募集していて、採用された2人が活動する拠点におジャマしました。


場所は、多奈川駅近くの元旅館です。
これまで、地域の方々や役場の若手職員などの手で、やすりをかけたり壁を塗ったりして、懐かしさを残しながら再生させたそうです

 

1階の床は畳の上に十津川村の木材を敷き詰めてあって、とってもイイ匂い…掘りごたつも再生中です↑


二人の"まちづくりエディター"の自己紹介や、大阪大学の大学院生からの研究発表、下田元毅助教からは"ミサキビラキ"と題した講演もお聞きできました。



発表でも講演でも、岬町のいいトコロを活かしたまちづくりの提案があり、興味深かったです。

今後の取り組みが楽しみデス

カテゴリ:活動報告 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
残業!

今日は、『議会だより』の編集作業で、エライ「残業」しました〜
朝からの岸和田での共産党の会議が昼を回ったもんで、昼抜きで午後の広報委員会に役場へ行きました

広報委員会は、『議会だより』の編集作業の大詰めで、今日中にどうしても完成に近いトコロまでやる必要がありました。
私の希望で午後2時半から始めたんだけど、役場が閉まる5時半になっても終わらなくて、別の場所でやることにして、いったん休憩

「別の場所」にと考えたのは、「道の駅」の休憩コーナー。
24時間開いてると思って行ってみたら、何と、夜6時までしか開けてないことが発覚

仕方なく、役場の議会の部屋を使わせてもらうことにして、結局終わったのは夜10時50分…
お泊まりの守衛さんに、悪いことをしました

役場は、24時間・365日対応しなきゃならないんで、夜や土日は守衛さんがいてくれるんだけど、夜はだいたい10時ごろに寝はります
私らが帰らな、寝るしたくもできない…

いろんな人に迷惑かけたけど、ほぼ完成に近いトコロまでやりきって、今日は解散しました。



↑PC画面で確認しながら、みんなでチェックします

疲れたけど、読み手にわかりやすいものをと、広報委員会のメンバーでがんばりました

カテゴリ:活動報告 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7月12日の中原さん

今日は、午前中に地域活動で青少年センターへ行って、午後は相談活動、夜は網の目「平和行進」のしめくくりの実行委員会でした。
午後の相談活動では参考になる話が聞けたり、夜の会議ではみんなでがんばって取り組んだことを振り返って、なかなかいい議論になりました

意外だったのは、平和行進に準備したうちわが好評だったコト…↓



私の発案で、みんなでせっせと作ってくれたんだけど、私が思い付くコトはイマイチなことが多いように思ってて、「無理に付き合わせて苦労かけるなー…」って思ってたのが、「いつもは紙でくちゃくちゃになってたから、うちわだとは持ちやすいし、あおいで使えるから良かったヨ」ってホメてくれて、ちょっと意外やったけどホッとしました〜

実行委員会のみんなで、あーだこーだと意見を出し合って、みんなでいろいろ分担して、みんなで取り組むようになって数年…集団の力で成功させることができました。

これからも、みんなでがんばりたいと思いま〜す

カテゴリ:日記 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
うぉ〜い、松井はん!

うぉ〜い、松井はん、何を根拠にガセ書いてんねん!

証拠あったら出しとくれ!!!

 

日本共産党大阪府委員会の柳利昭府委員長は、7月11日、次の談話を発表しました。

 

維新の会代表・松井知事の悪質なデマに抗議する

 

2018年7月11日 日本共産党大阪府委員会委員長・柳利昭

 

維新の会代表の松井一郎知事が10日、ツイッターで「因みに共産党の募金活動は、先ず自分達の経費を差し引くので注意しましょう」ととんでもないデマを発信したことに、批判が殺到しています。


日本共産党の救援募金活動は、東日本大震災や熊本地震の際にも全国的にとりくみました。

東日本大震災では10億円をこえる募金が託され、すべて被災地の自治体などに届けました。

熊本地震の際も、託された募金の総額も、使途もすべて公表しています。


多額の募金が託されるのは、「日本共産党なら被災地に確実に届けてくれる。安心して託せる」との信頼があるからこそです。

今回の大阪北部地震、西日本豪雨災害でも、その信頼にもこたえた救援募金活動を全国的に展開しています。


松井知事は大阪府民の命とくらしにもかかわる日本共産党の救援活動を歪めて映し出し、ブレーキをかけようというものです。

これが公党の代表であり、大阪府知事を務めている人物がツイッターで発信すべきものなのか。

怒りをとおりこし、あきれ果てます。すみやかに撤回と謝罪を求めるものです。


なおツイッター上であげられている2つの件――2年前の東京・品川区の演説会での募金活動や後援会交流決起集会での募金活動については、他の募金と一体に集めたことは正しくなかったと認め、集まった全額を救援募金として被災地に届けたことを付記しておきます。
こうした悪質なデマにはいっさいゆるがず、日本共産党として、大阪北部地震、西日本豪雨災害での救援募金活動をさらにすすめていきます。

カテゴリ:コラっ! | 23:32 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
7月10日の中原さん

今日の午前中は、延期した廃品回収で、汗をかきました
午後は、『議会だより』の記事の内容の確認をしに役場に行ったので、受けていた相談に関わって調べものをしたり、町長・副町長・教育長に7月28日の演説会の案内状を届けたりして、夕方からは地域活動のミーティングが2本…ってな具合だったんだけど、夜は急に必要になった印刷に…

うげー…じぇんじぇん体が休められない〜
なかなかノドの痛みが治らんなー

カテゴリ:日記 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イマイチやけど、みっちりや〜(゚Д゚;)

今日は、深日港駅での駅頭宣伝に共産党の会議、広報委員会のメンバーでの取材と打ち合わせ、地域活動のミーティングを2本と、予定がみっちりでした
調子がイマイチでも、やらんならんことはやらんならん

広報委員会での取材は、次の『議会だより』に載せる記事の準備で、淡輪漁業組合におジャマして、フグの養殖を見せてもらいました

 

  

『議会だより』では、地域経済の活性化に少しでも貢献したいと思って、まちのお店紹介などに取り組んでるんだけど、フグの養殖もその一つです
次の『議会だより』をお楽しみに〜

カテゴリ:活動報告 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「欲張らない」のは至難のワザ???

この間、すこぶる調子が悪い…
だいたいの原因はわかっているのだが、とにかく「欲張る」クセを封印せねば…と思う。

私は、いちどきにいくつものことを並行してやる"クセ"があるのだが、ここ数ヶ月、まともに"油を指す"ことをしてなくて、「回転」がにぶくなるのも当たり前かー…
ついつい欲張ってしまうタチらしく、人からは「完璧主義」に見えるカモ知れんな〜

自分ではそんな気はまったくないので、「手を抜かなアカン」と言われると、マジで困るのだ…
だいたい、「手を抜く」って、何をどうすることなのかがワカラナイ…

やらなアカンことやら、「こうしたらもっとよくなる」と思い付いてるコトを、ある意味で「見て見ぬふり」をせんならんのが、どうもニガテとゆーか…
それで、全部やろうとするからムリすることになるし、実際にはできないコトもあるんだよな〜

取捨選択がうまくできない上に、「欲張り」ときたら、そりゃ持たんわなー…
ナンギな性格ですワー

カテゴリ:ブツブツ… | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一晩明けて…(゜-゜)

今朝は、新聞配達しながら、町内を点検して回りました。

深日中央(ロータリー)から孝子方面はまだ通行止めになってたケド、バイパスの通行止めは解除されてたから、今日は渋滞は起こらないカナー(?_?)

 

昨日は、早朝の大雨がどうなることかと心配したケド、降水量が少なくなってきて、思ってたより早く水が引きました。
町内を車でウロウロしてたら、東畑地区でヒヤリとする場所があって、こりゃ私が助けに来てもらわなアカンくなったらヒンシュク買うわ…と思って、いったん帰宅しました。

それにしても、昨日は、バイパスの通行止めの影響はごつかったなー…(*_*)
海岸通りも通られへんかったから、南北を通り抜けるには府道(旧国道26号線)しかないもんで、なかなかの渋滞で町内の移動もままならんかった…(-"-)

それから、ビックリしたのは、役場の停電(゚Д゚;)
地下に電源があってそこに雨が流れ込んだとかで、ポンプで水を汲み出してました。

庁舎内は薄暗くて、まったく仕事にならない職員さんたちが電気の復旧を待ってました(+_+)
PCが使えないと、ホンマに何もできない…時代やなぁ(*_*;

昨日は、2件の相談活動を予定してたんだけど、相手の職員さんが役場にたどり着けなかったりして、延期しました。
電車は不通、道は渋滞で、出勤もタイヘンやったみたいデス。

私は調子に乗って土のうを運んだせいで、背中と腰がイタイ…(@_@;)
おまけに視察の疲れか、カゼっぽい…(≧◇≦)

視察に行った日の夜から、どうも喉が痛かったんだよなー…(-_-;)
アレは体からのサインだったのだ…(+o+)

 

今日は、月に一度の廃品回収の日なんだけど、警報が出てるし、基本的には10日(火)に延期することになりました。

でも、出してくれてるトコがあるかも知れんので、小降りになったら町内の点検を兼ねて回収に回ろうと思います。

 

しかし、体調不良がひどくならん程度にせんならんなー(=_=)

カテゴリ:近況 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
早起き!

今朝は、早起きしましたよ〜。

「水が家に入ってくる! 助けて!」という電話で目が覚めたのが5時半のこと。

 

役場の災害対策本部に電話をかけてすぐ行ってもらうように手配したら、近所の方がポンプを設置してくれて難を逃れたそうで、また役場に電話して「行かんでよくなった」って伝えて、私もすぐに着替えて行きました。

念のため土のうを積んで備えて、町内の状況を見て回りました。

 

ウチの近くの「番川」↑

 

スゴイ濁流で、自然の力の恐ろしさを感じさせます。

氾濫の危険があるとのことで、避難を呼びかける町内放送がありました。

 

あちこちで水路から水があふれてる…(゚Д゚;)

 

茶色い水でおおわれてて、道路と水路の境界がわからないところが何ヶ所もありました。

ウロウロしてたら、水が入らないように玄関先に物を置いてるお宅があって、役場に連絡して土のうを運びました。

 

それにしても、宣伝カーは機動力があって、イイわ〜!(^^)!

町内を回るのに、いつも乗ってる乗用車から宣伝カーに乗り換えたんだけど、車高が高いので川みたいになってる道路も通れるし、土のうもいっぱい詰めます。

今は雨が小降りになってるけど、すでに深日小学校と淡輪小学校は避難所として開設されてるし、土砂災害も気がかりです。

自然相手なのでどうしようもないんだけど、とにかく雨がやんでくれることを願うばかりです((+_+))

カテゴリ:活動報告 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
帰って来たどー((+_+))

7月3日から今日までの3日間の議員視察を終えて、ようやく帰って来ました〜!

岬町議会として、熊本県の5つの市・町・村にうかがって、2年前の震災の被害状況やその後の復旧・復興についていろいろお聞かせいただきました。

 

1日目は、熊本市↓

 

熊本市では、議会事務局の職員さんが画像も使って説明してくださいました。

日ごろから地震が少なく、「地震はこない」と思い込んでいたそうで、「ウチは"失敗例"だと思ってください」と言いながら、復旧・復興の苦労や努力、後に活かす教訓などを話してくださいました。

 

市役所での研修を終えて、熊本城へ寄ってもらいました。

修復中の熊本城↓                                元の姿↓

   

 

2日目は、午前中に大津町(おおづまち)へ↓

 

大津町では、「BCP」=「事業継続計画」をICT化していたのが役に立ったとのことでした。

「事業継続計画」ってのは、災害時にも行政機能を継続するための行動計画みたいなもんらしくて、後で聞いたら岬町でも作ってるんは作ってるらしい…"ICT化"はしてないとかで、今後の課題…かしら?

 

午後は、南阿蘇村へ↓

会場の入り口に、「岬町議会ご一行様」…他のまちでも、同じような張り紙をしてくれて、歓迎してくださいました(*^^*)

 

 

案内してもらった阿蘇大橋の崩落現場↓

 

奥の山の斜面が崩れたことで手前から奥に向かって架かっていた橋が落ちて、大学生が亡くなった場所でもあります。

およそ800人の東海大学の農学部の学生が引き上げざるを得なくなり、今は学生用の下宿を工事関係者に安く貸しているとか…(◎_◎;)

 

新たな橋を建設中↓

 

3日目は、西原村へ↓

 

議員さんが5人も参加してくださって、議員が地域の中で果たした役割を説明してくださいました。

ある議員は、地震発生後、すぐに重機などをチャーターして復旧に役立てたとか…(*^^)v

 

重機の取り合いになることを予測して、お金の算段は二の次にした迅速な判断だったようで驚きましたが、地域でコツコツ貯めてきた貯蓄をあてたそうです。

小さな村だからこその知恵と工夫が感じられました。

 

3日間の視察を通じて、地域のコミュニティの重要性をあらためて感じました。

「災害への備えで、コレは事前にやっておくべきと思うことは?」と聞くと、多少の違いはあれど、どこでも「考えられる準備は全部」といった返答で、備えていたことは必ず役に立つこともよくわかりました。

 

それから、災害時の連絡に一番役に立ったのが、「Line」だったそうです。

そろそろスマホかタブレットを持たねばならんのか…私は、好きで「ガラケー」のままなんだが、職業柄、我を通してばかりもいられなくなりそうな…(ーー;)

 

それにしても、視察の時間が短すぎ…(+_+)

あちこち回るのもいいけど、1ヶ所につき2時間程度じゃ、聞きたいことが十分聞けません。

 

税金を使っての議員視察がコレでいいのか…もっと充実した研修にするにはどうしたらいいのか…といろいろ考えさせられます。

災害発生時、議員や議会はどう役割を果たすべきかについても、参考になる資料がもらえたので、大いに参考にしたいと思います(#^^#)

カテゴリ:活動報告 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/308PAGES | >>