洲本を満喫(*^^*)

今日は朝から、町が実施してる社会実験の「深日−洲本ライナー」に乗って、洲本市へ行きました船

どこへ行くともない"ぶらり一人旅"でしたが、とっても楽しかったですアップ

高速艇の船内は広々としていて、揺れが少なく快適でした手

 

 

もっと揺れると思ってたから、ホッとした〜ほっ

事前の情報収集で、洲本港から歩いて行ける範囲で、おススメの行き先を職員さんや洲本に詳しい議員に聞いたら、"レトロこみち"と市立図書館を勧めてくれました。
到着後、"レトロこみち"に行ってみて、まず見つけたのが、「手芸倶楽部栄町」ですびっくり



着物の生地を使ったポーチや日傘、着物をリフォームした洋服などがところ狭しと並びます。


呉服屋を営んでいたお婆さんが残した着物がもったいないからと、独学の洋裁で生まれ変わらせた洋服などを商品に、お店を構えたのは、まだ"レトロこみち"ができる前のことだそうです。
元呉服屋のつくりが、何とも懐かしくて、レトロな雰囲気…ハート

 

手作り小物は、阪神淡路大震災の後、生き甲斐づくりの一環として開催された講座の一つだったそうで、講座でできた神戸のお友だちが作ったという革製品もありました。
「私もあの震災の時、神戸にいたんですよ」と話すと、親近感がわいたのかこの地へ嫁いでからのいろんな話を聞かせてくださいましたゆう★

おばあさんは、厳しさとムズカシイところもあった方のようですが、反面、豪快で表裏のない性格だったらしく、一緒に暮らした6年間は、今ではいい思い出になっているようでしたうふ
聞くと、おばあさんの人生はなかなかの波乱万丈で、なおかつ新しい感覚を持つ方でもあったようで、そんなおばあさんと生活を共にしてきた店主も素敵な方でしたキラキラ

話の流れで、私が岬町の議員だと言うととても驚いた様子でしたが、洲本市の市長や市議会に感じていることも話しておられました。
市民の目に映る行政や議員の姿についても、いろいろ考えさせられましたkyu

私は、自分の素性を知らない人に、議員だと知らせるのは好きじゃないんですkyu
とゆーのは、「傘に着る」ようなことをしたくないし、たいていの人は肩書きを聞いた途端に態度が変わるからですkyu

すぅ〜っと引いて行ってしまうとゆーか、近かった距離が何だか離れてしまう感じがして、ぶっちゃけトークがそこで終了になっちゃうことが多くて…kyu
こっちが勝手にそう感じてるのかなームスっ

襟元にと思って買った帯締めに、「一つどうぞ」といただいた"貴婦人"のブローチニヤリ



お店を後にしてウロウロしてたら、近くの商店街の定休日が木曜日だと分かって、"レトロこみち"のお店もお休みが多かったですゆう★
今度行く時は、木曜日をさけて行かなアカンなーkyu

わずかに開いてた"こみち"のサンドイッチ店「福助亭」でランチして、どんくさいことに写真を撮り損ねたー顔文字
仕方ないので、お店の外観をパチリ↓


 

昼食後、まち探検をしながら次の目的地へ行く道すがら目に留まったアレコレ…↓

  

↑こここ、この講演、聞いてみたい…が行けないであろう…ざんねん

演題の「憲法の亡くなる日」もさることながら、副題のー「教育無償化」の卑しい手口ーとゆーのが興味深い…ニヤリ

 

次の目的地は、足湯温泉↓

どエライ"開かれた"場所でややビックリしたケド、しばしの入浴で、てくてく歩いた疲れをいやしました手


立ち寄った海水浴場は、たくさんのお客さんでにぎわっていました海

そこでふと思ったのが、ビキニのおねぇさんは一人だけだとドキッとするのに、ようけいてたら何も思わんとゆー不思議…顔文字

今日は一段とあっつい中で汗だらだらになったけど、何とも楽しい旅になりましたゆう★
いいリフレッシュになって、大満足ゆう★

みなさんも、ぜひ洲本への船旅を体験してみてくださ〜い

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
連日のお参り

今日は、朝の新聞配達を終えて、父と兄と私の3人で母のお参りに行きましたお願い
大阪生駒霊園内にある"解放戦士の碑"という合同の"お墓"です。

 

 


5年前の8月に亡くなって、3年前にこの碑に遺骨の一部を納めました。
それからは、8月にここにお参りに来るのが、家族の"行事"になりました。

霊園の入り口が分かりづらくて、去年も迷ったんだけど、やっぱり今年も迷ったーkyu
…ってゆーか、カーナビに入れた名称を間違えてて、「生駒霊園」にしてたら違う霊園に案内されてしまった…kyu

1年に1回しかしないことなんて忘れちゃうなーゆう★
来年こそはリベンジだ

帰りは、新聞配達で寝不足だったせいで、眠くて眠くて…kyu
よく無事に帰れたものだふぅ

 

昨日・今日と連日の"お参り"、明日は社会実験中の高速艇で洲本市へ行くのだ船

移動の多い今日このごろデスニヤリ

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リフレッシュもしなきゃだー(≧▽≦)

昨日の夜、久々に映画を観に行きました↓


この映画は、もしかして男性向きなのかもなー…顔文字
私には、ちょっと分かりにくいトコロがあった…ようななかったようなはてな

でも、やっぱ劇場で映画を観るのはイイものです
ちょっとしたリフレッシュになった…ような気がするーゆう★

いくら好きな仕事でも、ず〜っとやってたら脳ミソがさびついてくるカンジがするんだよなーkyu
うまく息抜きしなきゃ、デス汗

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
家族旅行\(^o^)/ その2

家族旅行の2日目は、嵐山・嵯峨野コースです。
今日は、ダンナご所望の"竹林"に行きました↓



嵐山からほど近い「天竜寺」の竹林は観光客がいっぱいで、こんなん言っちゃナンだけど、風情もクソもナイ…って感じkyu
外国人観光客の多さにも、驚きましたびっくり

 

雨に降られながら写した1枚↓

花の中に、ちっちゃいお釈迦様でもひっそり隠れてそーkyu


人混みから抜け出したものの雨と湿度の高さにうんざりしながら歩いていると、喫茶コーナーを併設したギャラリーを見つけて、一息つきましたふぅ


麦畑を挟んで、松尾芭蕉の門下・向井去来の草庵で芭蕉もが立ち寄ったと言われる「落柿舎(らくししゃ)」が見える絶好のロケーションで、ゆったりとした時間を過ごしましたコーヒー

植栽が美しく、コケを現代アートに仕立ててありました↓

 

 

コケの植え替えも、興味深い…↓

 

ツバメが出入りしていたので巣を見上げていると、「見ますか」と、鏡を持って来てくれて、巣の中を見せてくれました↓

4つのカワイイ卵は、もうじきかえるころだとか…ゆう★

休憩の後、嵐山から少し離れた「あだし野 念仏寺」へ行きました。
念仏寺の竹林は、規模は小さいものの、静かで観光客も少なく、ゆっくり参拝できました。

 

 

アジサイが最盛期でキレかったです↓

 


晩ゴハンは、祇園のお店だったので、ちょっと早めに着いて、お土産を買いました。

私にはめずらしく、議会にも買いました驚く

 

晩ゴハンの天ぷらがおいしくて、昨日も今日もお腹いっぱいですニコッ

今度はいつあるやなしや…の家族旅行だけど、初めての川床料理は貴重な経験で、山の奥の自然は気持ちがよくて大満足でしたうふ

失礼した昨日の「深日港フェスティバル」は、雨の影響でステージイベントはビンゴゲームだけになったらしいけど、船の試験運航も無事にスタートできたと聞いて、ホッとしましたほっ
私も3ヶ月の運航期間内に淡路島に行きたいと思ってます

カテゴリ:ぷらいべーと | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
家族旅行\(◎o◎)/その1

昨日・今日と、家族3人で京都に行って来ました電車
家族旅行は、なんと3回目です顔文字

家族3人になって20年近くになるんだけど、旅行に行ったのは過去2回…びっくり

それも初めての家族旅行は、ダンナが急性胃腸炎になって、1日目にとんぼ返りしたのだーkyu

ウチの家族は、それぞれになかなか忙しい人たちで、2日間も「休み」が合うなんてことはめったに無くて、私は2つの予定をキャンセルさせてもらって家族旅行を優先することにしました。
「万難を排して」行った家族旅行は、初体験アリのなかなか楽しい経験でしたゆう★

 

歴史に疎い私だけど、歴史的建造物にもお参りしました↓
 

 

 

川沿いの道を上る道々、自然が美しい…キラキラ

 

 ←スゲー樹齢の樹木の数々は、地域のみなさんの保全活動によるものでしょううふ

 

お泊りした宿は、おもむき漂うイイ雰囲気…↓

 

通りから宿を見上げると、石垣からびっしり生えた野草にマッチした旅館の看板が…↓

 

宿の入り口で出迎えてくれたイノシシのはく製↓

 ←ウリ坊もいてます〜ハート

 

初体験の「川床料理」↓

 

メインはハモだったんだけど、アユの塩焼きも季節を感じさせてくれました↓



夜は、ホタルを見に宿から車も出してくれて、川下へ…くるま

ホタルの数は、岬といい勝負かな〜ホタル

 

1日目は、上り坂をそこそこ歩いていい運動になりました汗

空気がおいしくて、ほどよい疲れにぐっすり眠れましたリラックマ


今日、開催予定の「深日港フェスティバル」は、無事にできたんやろか…はてな
出先で岬町の天候がワカランかったもんで、雨の影響が出なかったか心配だなぁ…ムスっ

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウチの家族の一大行事\(◎o◎)/!

今朝の新聞配達で出くわしたカミキリ虫↓

めちゃアワテテた…汗
私は何もせぇへんで〜kyu

今日・明日と、ウチにはめったにない家族旅行です。

天気がイマイチそうやし、明日は深日港フェスティバルなんだが、我が家の一大行事だから、今年の深日港フェスは失礼させてもらおーざんねん

 

雨で、深日港フェスティバルも心配やけど、今年もいい取り組みになりますように…お願い

カテゴリ:ぷらいべーと | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「小物」選びもタイヘンや〜(◎_◎;)

昨日、子どもの成人祭の振り袖の「小物」を選びに行きました。

「小物」って言っても、半襟やら帯締めやらと8種類もあって、しかもそれぞれがいっぱいある中から選ぶとゆーなかなかの作業でしたふぅ


私が、「あー、私、自分の成人の祝いを振り袖にしなくて良かった〜 こんなにたくさんの中から選ぶん、大変やわ…」って言ったら、店長さんが、「多分、大丈夫ですよ、よそは3つぐらいのセットを見せて、『どれにしますか』って感じで、一つ一つをこんなにたくさんの中から選んでもらうことはないです」って言ってはった…びっくり

「選べる」「選択肢がある」とゆーのは、「自由」があると同時に、大変なことでもあるんだな〜…と、改めて感じました。
で、ウチの子が選んだのがコチラ↓

 

振り袖を決めた時にお世話になった店長さんは、昨日はホントはお休みだったみたいで、ムリして出てきてくれたとか…顔文字

他のスタッフでも良かった…なんて言ったら愛想ないかも知れんけど、お休みはお休みしてもらう方がいいと思うんだけど、コチラとしては慣れた人の方がいいにはいいから有り難かったデスありがとう

 

これで身につけるもので決めなアカンもんは決まったから、後は当日の着付けと頭をやってくれるお店探しやー汗

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日も、子ども孝行!(^^)!

昨日に続いて、今日も子ども孝行ですゆう★
今日は、家族3人で昼食をとってから、成人の日を祝う振り袖を選びに行きました着物

友人から教えてもらったお店は、前評判通り"お客さん本意"を大切にしているようでした。
気に入るのが見付かるまで、嫌な顔ひとつしないで何着も着せてくれましたうふ


洋服を着たままで、手早く着せてくれます顔文字

 

↑ウチの子が決めた振袖…シブイニヤリ

右後方に積んであるのは、着せてもらった振袖たちびっくり


レンタル価格も、販売価格の約半額とよそより安いらしく、子どもも気に入ったものを見付けられて良かったデス手
子どもも休みが少ないもんで、成人祭までに決められるんだろーか…と心配していたので、とにかく選びに行けて一安心しましたほっ

 

昨日・今日と、「親の務め」の一端を果たせた…かニャ〜ガーンネコ?

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子ども孝行( *´艸`)

今日・明日は、子ども孝行ですこいのぼり
久々にまとまった休みがあるとのことで、私と父と子どもでランチに行きましたランチ

和歌山の岩出にあるカフェで、"おうちごはん"をいただきました↓


今日のメニューは、私の大好きな鶏肉〜ゆう★

ンマかったです〜ニコッ

砥部焼きの販売もしてて、お店の入口から中まで、ズラリと並んでいます↓

 

 

オイシイごはんの後は、父を送ってから、子どもと二人で映画&ショッピングに行きました。

映画は、子どものリクエストで「名探偵コナン」Docomo109

 

ストーリーや爆破される建物の構造が複雑で、よぅワカランとこがあったけど、コナンくんは今日もありえないカッコ良さだった…キラキラ

私は、いわゆる「オタク」ではないんだが、以前はテレビでもよくコナンを見てたんだよな〜kyu

 

子どもとお友達を連れて、コナンの映画を観に行ったこともあったなぁ…kyu

着ぐるみのコナンと一緒に写真を撮ってもらったら、子どもに白い目で見られたことを覚えている…ショック

 

明日も子ども孝行デーですニヤリ

お務め、果たしまっさ汗

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フシギなまちの「寛容」な映画館

今日は、めずらしく決まったスケジュールがない日で、久々に映画を観に行きました映画
オリバー・ストーン監督の『スノーデン』という映画です↓


観たい観たいと思いながら、あちこちで上映が終わってしまってて、やってるんは東京とか遠いトコしかやってない…みたいな状況になってたんやけど、こないだネットで見たら、大阪でやってるのを発見びっくり
行ったことない劇場やってんけど、比較的近いワ〜、良かった〜ハートと思って行って見たらビックリ

たどり着いた劇場の前には、ポルノ映画のポスターがバンバンバーン…おい
知る人ぞ知る「新世界国際劇場」です。

新世界界隈は観光客向けにすいぶん商業化されて、以前ほどの治安の悪さもなくなったとはいえ、一歩裏道に入ればちょっとアヤシイ雰囲気…顔文字

「新世界には一人でよぅ行かん」という女性も、いまだにいてます。

劇場の前でポスターの写真を撮ってたら、自転車のおっちゃんがニヤニヤしながら「雨、降ってきたなぁ」と話しかけてきはりました雨降り
無視するんもなぁ…と思って、「ほんまやねぇ…今日はもうあがるんかと思ったのにねぇ」と返事したんやけど、何とも不思議なまちです。


食券みたいな機械でチケットを買って入り口で渡し、劇場に入るとぷぅ〜んと覚えのある臭いが…顔文字
ん〜、たぶんアンモニア臭かなっ

上映前の「荷物の置き引きに気を付けて…」のアナウンスにもビックリやったけど、上映中は上映中で、あちこちでビニール袋のガサガサいう音がするわ歩き回る人はいてるわどこからか独り言が聞こえてくるわで、よその映画館では考えられない状況やったけど、ここでは「日常」なんやろうと思いました。
それはそれで面白かったし、意外に映画には集中できましたニヤリ

『SNOWDEN』は、アメリカ政府による個人情報監視の実態を暴いた元CIA職員エドワード・スノーデンの実話の映画化です。

2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープによって、アメリカ政府が秘密裏に構築した「国際的監視プログラム」の存在が発覚したけど、その情報を提供したのが、アメリカ国家安全保障局NSAの職員で29歳の青年、エドワード・スノーデンだったのです。

国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、なぜ輝かしいキャリアと幸せな人生を捨てて、世界最強の情報機関に反旗をひるがえすまでに至ったのか…テロリストのみならず、全世界の個人情報が監視されている事実に危機感をつのらせていく過程を、パートナーとしてスノーデンを支え続けたリンゼイ・ミルズとの関係も交えながら描き出した作品です。

 

派手なアクションもないし、ハラハラ・ドキドキやクライマックスもなく、どちらかとゆーと淡々とした作風ながら、自分の作ったプログラムが、自分の意図しない目的のために勝手に使われ、犯罪者でも何でもない他人の日常を盗み見ることに利用されている事実を知ったスノーデンの静かながらもかたい決意を感じました。

スマホやPCのカメラ機能を勝手に作動させ、簡単に他人の個人生活をのぞき見ることができる技術が実際にあって、それがおこなわれていた…今もおこなわれているかも知れないことには、スノーデンじゃなくても愕然としますえ?!

 

いま国会で審議されている「共謀罪」は、まさしくこの映画でおこなわれていた盗み見・盗聴を許すものです。

「別に隠すようなことはしてないし…」という人だって、一人で家にいて鼻クソほじってる姿は見られたくないでしょうムスっ

より多くの方に見てもらい、考えてもらいたい作品です。


上映終了後、周りを見回すとよく眠ってる人もいて、この劇場はある意味での"居場所"になっているんだなと思いました。
よその映画館ならつまみ出されるような人でも、よほどの迷惑行為でない限り、たいがいの人を受け入れる「寛容さ」はこのまちならではでしょう。
そんな人たちからの収入で成り立っているという面もあるんだろうと思うけど、ホンマにオモロイところでしたkyu

カテゴリ:ぷらいべーと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/7PAGES | >>