<< 1月24日の中原さん | main | 1月26日の中原さん >>
1月25日の中原さん

今日は、午前中に「議会運営委員会」があって、それは議題が少なくてめちゃめちゃはよ終わりました。
その後の「全員協議会」では、「ママショップ」の閉店も話題になって、私も"買い物難民"対策について、問題提起しました。

この問題の解決には色んな方法が考えられるんだけど、どんな方法が一番いいのかについては、よく考える必要があります。
いずれにしても、町としても何らかの方針を持つ必要があると思いますkyu

夕方からは、生活保護の学習会に参加しに、大阪市内へ…

急な取り組みだったみたいだけど、用意した席に座りきれないほどの参加者で、関心の高さを感じましたびっくり

 

 

来年度から、またもや生活保護基準を削るとゆー案が出されて、元ケースワーカーや弁護士、運動団体の方や当事者からも発言がありました。

世帯構成や住んでいる地域によって、影響の現れ方がまちまちなんだけど、合計して160億円もの削減とゆー案なので、「被害」を受ける人の方が多いことは間違いナイ…え?!

 

生活保護基準の引き下げは、受給者のみならず、制度を利用していない人にも広く影響が及びます顔文字

とゆーのは、「課税・非課税」の判断基準になったり、保育料などの利用料や就学援助が受けられるかどうかの基準にもされているからです。

 

当事者の発言では、今回の「改悪」が「命との交換」だという告発が印象的でした悲しス。

今回の「見直し案」では、まったく改善点がないわけではないんだけど、この案がそのまま実施されたら岬町での影響がどう現れるのかについては、よく調べる必要があると思います。

カテゴリ:日記 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058177
トラックバック