<< 体調がイケマセン((+_+)) | main | 「バレンタインチョコ」とかけて…(?_?) >>
2月13日の中原さん

今日は、相談活動に地域活動の打ち合わせはあったけど、決まった予定が比較的少なかったので、役場に行ったついでに調べものをしました。
すぐには分からないこともあって、返事はまた後日…ってコトになったのもあったけど、庁舎の建て替えのための「交付税制度」については分かったので良かったデス手

ウチの庁舎も、ご多分にもれず耐震性に問題があって、耐震化補強工事か建て替えを迫られています。
でも、莫大な費用がかかることもあって、子育て支援策の拡充など目先の住民要望のを優先させているので、庁舎の安全性を確保するための予算のメドが立っていないのが実情…ショック

以前は、庁舎の建て替えについては国からの財政的な支援はまったくなかったんだけど、今は「交付税措置」って言って、借金した費用の一部を国が出す制度があります。
ただ、あと2年で期限切れになるのと、経費の1割は自分トコで確保せなアカンってことになってて、岬町では数億円を自前で用意せなこの制度が使えませんkyu

とはいえ、有利な制度やし、そう遠くない将来の建て替えは避けられナイ…ムスっ
ウチはどないするんかなー…と思ってたんで、担当職員に聞いたら、「計画を立てること自体に数年かかることを考えると、今の制度は使えない…」とのこと顔文字

ウチの役場庁舎は、耐震化の補強工事をするより建て替えの方が現実的らしくて、そうなると場所をどうするか、住民に聞かせてもらう必要があるし、どんな庁舎にするんかも住民の意見を反映しながらよぅ検討する必要があります。
とりあえずは、制度の継続と拡充を国に協力に求めてもらわなあきませんなーkyu

 

議会からも意見書なりをあげる方がええんかしら…はてな

カテゴリ:日記 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058196
トラックバック