<< 11月24日の中原さん | main | 11月26日の中原さん >>
カジノより"災害に強いまち"を(。-`ω-)

今日は、「明るい民主大阪府政をつくる会」泉南地域連絡会の学習会に参加しました。
奈良女子大学の中山徹教授から、"泉州を災害に強く、子育てしやすい街に"と題して講演いただきました表情嬉しい




大阪に万博が決まったけど、会場の「夢島」は大地震が起こったら水没するような場所やし、だいたいカジノを作るために選んだ場所やっちゅうんが大問題…表情ひえ〜
建設費にも鉄道やら道路にもお金がかかるし、そんなんに税金つこてる場合かって話です表情怒り

中山教授は、以前は「福祉か経済か」って"対立"した考え方があったケド、今は「福祉も経済も」よくすることが必要やし、むしろ福祉をよくすることで地域経済を発展させることができるって話を聞かせてくださいました。
確かに、福祉や医療の人手不足を解消すれば、雇用も生まれるし、働く人の懐があったまって消費が進んだら地域経済にもプラスになる…手チョキ

住みやすいまちをつくることを政治の隅々に行き渡らせれば、好循環がつくれるんだなー…表情ほっ
よそから何かを持って来んでも、それこそ遠い遠い海外からカジノなんか誘致なんかせんでもええんやって、あらためて感じました。

明日は朝から駅頭宣伝を予定してるから、早速、今日聞いた中身を喋ろかな〜表情うっしし

カテゴリ:活動報告 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058483
トラックバック