<< オドロキの拍手\(◎o◎)/! | main | 新人議員の成長(*^^)v >>
いい答弁\(^o^)/

毎回の議会でいろんな答弁があるケド、昨日の一般質問では、「いい答弁」がありました手チョキ
たいていは、1回の一般質問で、「いい答弁」と思える回答は1つあるかないかで、なかなか「よっしゃ」と思えることはめったにアリマセン表情悲しい

でも、今回はどうしても「うん」と言わせたい問題がありました。
それは、「屋根上の損壊した瓦も災害ごみとして扱う」ことです。

今はまだ屋根の上に乗ったままやけど、これから修繕が進む中で瓦のごみが出るから、それを「災害ごみ」として町が処分するべきや、とゆーのが私の主張なんやけど、どうやら市町村によって扱いがまちまち…表情冷や汗
経過がちょっとフクザツで、これは、大阪北部地震をきっかけに、共産党のたつみコータロー参議院議員と宮原たけし府会議員が大奮闘した"成果"なんです表情ウィンク

二人を中心に、共産党として環境省と大阪府に、「屋根の上に残ってる瓦も、災害が原因なんやから下ろしたら災害ごみとして扱うべきや」って申し入れて、「補足文書」を出させて市町村への徹底をはかったものの、その「理解」がまちまち…表情困惑
ごみ行政の世界では、「業者が入ったら、出てくるごみは産廃(産業廃棄物)」ってのが通例なので、とりわけごみの担当課には理解がムツカシイ…表情ふらふら

何回か担当者と話をして、環境省と大阪府からの文書を見てもらって説明したけど、はじめのうちは理屈がワカランみたいやった…表情おろおろ
繰り返して話をする中で、北部地震から変わったことなんやというあたりで納得いったようで、ウチの職員は柔らかい頭でよく理解してくれたと思います表情嬉しい

もちろん、町長もしっかり理解してくれてたみたいで、私が質問してる時に「ウンウン」とうなずいてました表情ほっ
担当者が「災害ごみとして受け入れます」って答弁は、ホンマにウレシかったな〜表情ラブラブ

心配されるのは、業者が処分費を被災者からもらっておきながら、町の美化センターに「災害ごみ」として搬入することなんやけど、そないされたら被災者の負担軽減にならんから、被災者支援にならへんもんなー表情やれやれ
搬入された時点で、センターで確認するとも話してて、「適正に」運用されることもわかりました。

この問題は、台風直後から住民から寄せられてた要望やったし、ええ報告ができます表情にこにこ
町の被災者の立場に立った判断に、拍手拍手ですびっくりマークアニメ

カテゴリ:活動報告 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058493
トラックバック