<< 12月13日の中原さん | main | 一足早いクリスマス会★ >>
船はムズカシイ!

今日は、午前中に深日港活性化・空港対策特別委員会がありました。

委員会では、"深日−洲本ライナー"の運行状況が中心的な議題だったんだけど、7月〜11月の5ヶ月の乗船者数は1万511人と、率直に言ってふるいません表情やれやれ

相次ぐ台風などで欠航が増えたこともあるケド、1便当たりの平均乗船者数は、9.3人…表情おろおろ
"採算ライン"は単純に算出できないにせよ、このままいくと町単独の持ち出しがかなりの金額になりそう…表情ひえ〜

開始当初から、町単費は1200万円、2600万円を乗船料収入で…という計画だったものの、乗客数が少なければ持ち出しも増えます。
来年2月までの運航で、乗客を増やす取り組みも観光協会を中心に計画されてるらしいけど、寒い季節になるしなー…落ち葉

洲本までの高速艇そのものは住民的にも喜ばれてるけど、税金を投入してまでやる事業かとなると、判断がムズカシイところです表情ふらふら
災害の時のことを考えると、陸の道だけやなくて海上ルートは必要やと思うけど、それがなければ生活が成り立たないというものでもない…しかし、町長も意欲を持って進めてはるし、職員も毎便ごとにお出迎え・お見送りしてがんばってはるしなぁ…表情冷や汗

ただ、この事業を「成功」させるのは、至難のワザやと思います。
船があれば人が来るってなもんなやいんで、専念できる職員を複数張り付けないと集客は簡単やないやろし、少ない職員数ではそれもムズカシイ上に、"イベント屋"みたいなことが町の職員の仕事かとなると、それもどやねん…やしなぁ…表情困惑

ムズカシイと思うのは、"ご時世"の問題もあります。
年金は減らされてるし、働く人のお給料も額が増えた人はあっても物価が上がってて、実質所得は減ってます表情がーん

経済が右肩上がりの時代ならまだしも、"貧困と格差"が広がって、とても"+α"のお金のゆとりがない家庭が増えてる中で、「船で淡路島へ…」と考える人が山ほどいるとは思えない…表情悲しい
消費が冷え込む責任は、アベさんによるところが大きいねんけどね表情怒り

2月で運航を終えて、その先どうしていくのかはまたあらためて提案されるやろけど、私的には、住民のみなさんがどう考えるか興味のあるトコロです。
いま、"住民アンケート"の準備をしてるので、聞いてみよっかな〜はてなマークアニメ

カテゴリ:活動報告 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058502
トラックバック