<< 続々と…\(◎o◎)/! | main | やっぱり広い! 岬町!! >>
コミュニティ・バスはやっぱり利便性が"命"!

今日は、午前中に地域の共産党の会議に参加して、午後は「地域公共交通会議」を傍聴しました。
「地域公共交通会議」では、コミュニティバスの今年度の乗車人数や来年度からの改善点などが報告されました。

乗車人数は、本線・支線ともに、ほとんどの路線で増加してました表情にこにこ
変更・改善点としては、来年度から、深日の町営緑ヶ丘住宅に新たに停留所を設けるコトと、乗り継ぎ支線も本線を運行している有田交通に委託する計画のようですバス停

停留所の新設や路線の変更には関係機関との協議が必要なんだけど、それはこれからの話みたい…表情やれやれ
協議が整えば、4月から乗り継ぎ支線のダイヤが一部変更になります。

バス停の新設は、おそらく要望があってのことカナと思うんでイイことなんだろうけど、緑ヶ丘住宅と同じように坂の上にある白雲台の府営住宅にはバス停は作らないのかなー…というギモンが…表情冷や汗
また聞いてみよっかな〜?

利用者が増えたのは、やっぱり"利便性の向上"によるものやと思います表情嬉しい
とりわけ、乗り継ぎ支線がオークワや役場にも停まるようになって、利用者が増えたみたいで、議会でも主張してきて良かったデス表情にこにこ

今日の交通会議は、あるんを知らんかって、危うく逃すトコロやった…汗
偶然会ったNさんが、「今日の会議、聞きに行かへんの?」と声をかけてもらって知ったとゆー…アブナイアブナイ表情ひえ〜

今年度の乗車人数や来年度の計画も分かったし、傍聴できて良かった〜手チョキ
3月議会の審議の参考にもなって、シメシメです〜表情うっしし

カテゴリ:活動報告 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058561
トラックバック