<< 2月28日の中原さん | main | 飛散で、悲惨…(T_T) >>
中原さん、白熱すると…\(◎o◎)/!

今日から3月議会が始まりました。
今日は一般質問だったんだけど、例のごとく準備の時間が足りなくて、昨夜は遅くまで、今朝は早くからPCに向かってパチパチ…パソコン

今回は、"災害に強いまちづくり"と、学校体育館へのエアコン設置、旧深日ゴルフ場跡地の太陽光発電事業の3つのテーマで質問しました。
1つ目の災害対策では、「民間ブロック塀」撤去補助金の「『遡及(そきゅう=さかのぼり)適用』を認めるべきや!」って訴えました表情ぶんぶん

岬町が民間ブロック塀の撤去にかかる補助金制度を作ったのは昨年9月下旬で、10月1日からしか申請を受け付けてません表情あちゃー
だけど、この制度は、昨年6月18日の大阪府北部地震がきっかけやから、よそでは制度を作る前にブロック塀を撤去した人でも、6月18日までさかのぼって対象にしてるところがたくさんあります。

この事業には300万円の予算を取ってて、まだ半分ぐらいしか支出してないことが質問で分かって、今年度の残り1ヶ月であと3〜4件は支出する見込みらしいけど、それを使っても予算が残ることははっきりしてる…表情ふらふら
「ほんなら使いーや!」とゆーのが、私の主張デス。

この問題のネックは、「国」なんです。
この補助制度は、国が2分の1、府が4分の1、市町村が4分の1出すことになってるんだけど、国が「市町村が制度を開始した日より後の申請分からしかお金を出さない」ってゆーから、さかのぼって適用したら、本来は国が出すべきお金も町が出さなアカンようになって、財政負担が重くなる…ってワケ表情困惑

「重い」って言っても、町の90億円の"おサイフ"のうちの微々たるもんやし、確保してたお金が残るんやからそのお金を使って住民の誰が文句言うねん!
岬町が制度を作るんが「遅かった」とは言わんが、早いトコは7月にスタートしてて、ウチかてもっとはように(早くに)制度化しといたら、こんなややこしいことにならんかったやろが〜怒り

実際にさかのぼって適用するにしても、あって1〜2件ちゃうんカイ…と、昨日はエラい関西弁で喋ることになっちまったー表情冷や汗
私は、白熱すると、関西弁丸出しになるようだ…表情やれやれ

1件や2件のために、なんで私がこんなにこだわるんか…実現したところで、大して広く"恩恵"があるもんでもなし…表情がっかり
私はね、「自分とこのブロック塀がコワレて、もし誰かにケガでもさせたら…」って、"安全・安心のまちを"って思ってやったことが、「時期が早かったから補助金の対象になりません」なんてのは、冷たい姿勢やと思うんです表情悲しい

岬町が、そんな冷たいまちであって欲しくない…住民のために、知恵をしぼって努力を惜しまない町政であって欲しいと思って、昨日は質問時間の半分ぐらい使って、この問題でやり合いました汗
「遡及」は、どんな制度にも通じるもので、他の制度でも、時期に関わりなく、いいことをした人を対象から外すようなことのないようにさせたいんです。

部長は何回答弁してもムツカシーこと言うもんやから、最後は町長を答弁席に引っ張り出しました。
そうしたら、「検討します」みたいなコト言って、私的には、「よっしゃ」です表示冷笑

なるかならんか、できるかできんか、「考えてはみる」とこまで押し返せて良かったデス表情ほっ
ほんまに"あたたかみのある町政"を地で行くかどうか、お手並み拝見やな表情うっしし

カテゴリ:活動報告 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058577
トラックバック