<< 相談が集中…\(◎o◎)/! | main | 6月20日の中原さん >>
2つの常任委員会(-_-;)

昨日・今日と、6月議会の常任委員会がありました。
昨日は厚生委員会、今日は総務文教委員会で、それぞれ案件が少なくて、午前中のうちに終わりました。

提案の中に、「危機管理課」を役場敷地内の旧・水道庁舎に移設する予算があって、元々「水すいセンター」があった部屋を危機管理課の執務室として使うとのことでした。
危機管理課は消防や防災、自治区を担当してて、災害発生時に立ち上げる「災害対策本部」を耐震性が確認されてる旧・水道庁舎に設置することを考えると合理性があると思うけど、「水すいセンター」を移転して、そこに危機管理課を入れるのは初耳でした表情ふらふら

「水すいセンター」は、町の委託を受けて、水道の使用量の検針や料金の徴収を担ってるんだけど、センターがこの4月から1階から2階に移転して、水道代を支払いに行くのに2階まで上がらないといけなくなったから、脚が悪かったり高齢者は大変だって聞いてたので、委員会が始まる前に見に行きました。
偶然、移転したのを知らずにキョロキョロしてる人に出くわして、「水すいセンターは2階に変わったんです」って伝えたけど、移転の貼り紙がちょっと分かりにくかったんやろなー表情冷や汗

委員会で質問したら、「水すいセンター」の移転のことは事前に周知してなくて、そりゃイカンのやけど、それは「『広域水道企業団』の仕事やから、「企業団に言います」やって…表情困惑
あー…町が直接やらへんってのはこーゆーコトか…と、あらためてため息です表情やれやれ

すでに移転されてしまってるので、2階に上がるのが大変な人には、1階にチャイムを設置して、ピンポンしてもらってセンターの職員が降りて行って応対するとか、対応策を検討するように求めました。
委員会の後、すぐに企業団に話をしに行ったようです。

元々は水道部の職員がしてた仕事を一部民間委託にして、さらに企業団に…と、今じゃ町とはまったく別の団体が運営することになってしまった…表情がっかり
災害発生時も含めて、日常生活に書かせないライフラインである「水道」を、安全で低い価格で供給できるのか、ふと不安を感じました。

よそが運営するようになったって、住民の安全なくらしに責任を持つのは岬町です表情ぶんぶん
引き続き、しっかりチェックしていきたいと思います手グー

カテゴリ:活動報告 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058688
トラックバック