<< 全国地方議員社会保障研修会 その1 | main | 全国地方議員社会保障研修会 その3 >>
全国地方議員社会保障研修会 その2

全国地方議員社会保障研修会の2日目の7月25日は、第3講義として、「介護保険65歳問題と共生社会を考える」と題して、きょうされん(共同作業所全国連絡会)大阪支部・事務局長の雨田信幸(あまだ・のぶゆき)さんにお話いただきました。
障害福祉サービスを利用してきた方が、65歳になったら、介護保険のサービスを優先して利用「させられる」という問題について、詳しくお話くださいました。




この問題は、大づかみには理解してたつもりだったけど、まとまった話を聞けたのは初めてで、ことの重大性と深刻さを改めて知ることができました表情ひえ〜

午後の第4講義は、「人口減少時代の自治体政策を考える」というテーマで、奈良女子大学教授の中山徹(なかやま・とおる)さんのお話をお聞きしました。




これまでも何度か中山教授の話は聞いたことがあったんだけど、3時間のまとまった講義は初めてで、5時間ぐらいの話を3時間にまとめたぐらいのスゲく密度の濃い内容でした表情うっしし
肩こりは、昨日よりは少しマシになったケド、まだ痛い〜表情困惑

"肩こり持ち"の人の辛さがようやく分かるようになった…表情冷や汗
私はたいがい"凝り性"みたいやけど、肩は凝らへんからなぁ…表情しらー

カテゴリ:活動報告 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058725
トラックバック