<< 川遊び\(^o^)/ | main | 阪南地区・党創立97周年記念のつどい(^_-)-☆ >>
どうなる!? 「みさき公園」(@_@;)

5日の議会運営委員会の後、急きょおこなわれた全員協議会では、みさき公園(遊園地)の存続についての報告がありました。
3月26日に、南海電鉄から、赤字を理由にした今年度末での「みさき公園」事業からの撤退の意向を受けて、岬町としては、遊園地を引き継いでくれる事業者を探すように南海に申し入れてたんだけど、期限の7月末までには合意に至る事業者はなかったとの報告を受けて、各議員からはいっぱい質問や要望が出ました汗

意見が分かれたのは、"土地所有"に関わる点でした。
どーゆーコトかとゆーと、岬町としては、南海に対して、公園の土地を無償譲渡(タダで土地をもらう)ことを条件の一つにしてて南海も同意してたんだけど、本格的に交渉してた1社が「土地も欲しい」って言い出して、結局ご破算になったっていきさつを聞いて、議員の中で「土地を買うってゆーならそれでええやんか」派と「土地は町の所有にするべきや」派に分かれたんです。

町と南海との話し合いでは、土地を町の所有にすることは前提になってたから、新たに遊園地を運営する会社は土地を借りての運営になるはずで、遊園地事業に興味を示してた4社のうち、強い意欲を示した1社も、初めは土地は「賃貸」で運営するって話やったのに、途中から「事業継続の安定性」を理由に土地の所有を主張し始めたとかで、どうも合点がいかない…表情冷や汗

遊園地事業をやるに当たっての前提条件である土地利用の方法を途中から変えることそのものに不信を感じるのと、主張が変わることはあり得ることやけど、その理由もどうも釈然としない…表情がっかり

 

「みさき公園」の敷地は国から譲渡された土地で、岬町が開設する「都市公園」として運営されてきた歴史があって、都市公園法とか都市計画法とかの法律による「規制」がかかってるんだけど、所有者が変わることで、先々、利用方法が変えられる可能性があるとか…表情ふらふら

「遊園地や動物園事業を継続してほしい」という住民の願いは強いし、それは実現したいんやけど、目先の「利益」だけに目を奪われる危険性が潜んでいる可能性が捨てきれません。

 

用心しすぎなんかも知れんけど、「会社」とゆーのは「利益」を生み出すためにあるので、遊園地よりも「利益」が上がるものに取って変えられてしまうカモ…と考えると、土地の売却には慎重になるべきだと思います。

土地の利用方法が変えられないように約束事を交わせば…という意見も出ましたが、それが可能なら町もそれを選択するのではないかしら…はてなマーク

みさき公園の土地は、駅前の言わば"一等地"やし、まちづくり全体に関わる重要な問題です。

いきさつも含めていろいろ調べてみないことにはよぅワカランけど、現時点では私は「土地は町の所有にするべきや」派です。
カテゴリ:活動報告 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058741
トラックバック