<< 11月16日の中原さん | main | "みさき公園"の再生・活性化に向けて…サウンディング型市場調査(◎_◎;) >>
ちょっとだけワカッタ…「ジェンダー平等」(@_@;)

今日は、午前中に月に一度の廃品回収に取り組みました汗
地域の共産党で、「事業活動」として取り組んでいますが、今回もたくさん協力してもらいました表情にこにこ

午後は、廃品回収を途中で抜けさせてもらって、羽曳野市民会館へ…車
前参議院議員のたつみコータローさんを迎えて、"レインボートーク"とやらに取り組むと聞いて、参加しに行って来ました。

"レインボートーク"って何じゃいはてなマークと思うと思うケド、学ぶテーマは「ジェンダー平等」虹
「ジェンダー平等」って…表情冷や汗なお方も多いカモ…かくゆー私も、よぅワカランから参加したのだ表情うっしし

「ジェンダー平等」ってのは、「社会的・文化的につくられた性差」のことをいうのだが、これまた分かりにくい…表情困惑
強いのが「男らしい」とか、優しいのが「女らしい」とか、日本では男・女それぞれに「こうあるべき」ちっくな意識があるけど、それが生きづらさになってるから、どんな「性」であっても、「その人らしく」生きられる社会を作りましょ〜ってハナシです表情ウィンク




たつみコータローさんからは、「ジェンダー平等」の国際的な前進の歴史と合わせて、日本がいかに遅れているかを聞かせてもらい、とりわけ女性に対する性暴力を許さない社会をつくるために、法律を変えないといけないことも教えてもらいました。
「男女差別」の問題で、安倍政権が男尊女卑の"家制度"の復活を狙っていることが自民党改憲案からも透けて見えることや、個人の尊厳を踏みにじる安倍政権を倒すことが、この問題の解決の近道だと語りました表示冷笑




たつみさんのお話の後は、第2部として分散会でのグループごとに感想や質問、意見を出し合って、最後にグループごとに発表してくれました表情嬉しい
1つのグループに、"LGBTQI"の当事者カップルが参加してて、みんなの前で発言もしてくれて、「特別扱いしないて欲しい」と語ったのが印象的でした。

そのカップルの一人が、たつみさんに「次の選挙で勝てますかはてなマーク」と質問して会場から笑いが起こったり、もう一人が「自分のまちで"同性婚・同性パートナーシップ制度"を実現してくれたら共産党に入りますびっくりマーク」と宣言して拍手が起こったりと、おもしろい場面もあって、たつみさんから「勝ちますよ、制度ができたら共産党に…より、共産党に入って一緒に制度をつくらせましょう」との呼びかけもありました手グー

最後にたつみさんが、「共産党もスタートラインに立ったところで、まだまだ聞かせてもらわないといけない」と率直に語って、今日のような集まりをあちこちで開いて語り合い学び合う機会をつくって欲しいとしめくくりました。
奥が深〜い「ジェンダー平等」…まだ私自身は"入り口"に立ってるなぁってカンジやけど、引き続きいろいろ学んでいきたいと思いました表情ほっ

カテゴリ:活動報告 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.nakahara.cc/trackback/1058843
トラックバック