<< 1月30日の中原さん | main | カジノ・「都」構想ストップ緊急学習会 >>
1月31日の中原さん

今日は、午前中に共産党の会議で岸和田へ、午後は役場に行って、夕方からはまたもや岸和田へ…車
夕方は、相談者と一緒に弁護士事務所に行って、その後、"MINSEI"(日本民主青年同盟)の阪南地域教員班が取り組んだ学習会におジャマしました。

学習会は、公立学校の教員に持ち込まれようとしてる「1年単位の変形労働時間制」を学ぶもので、私はこの制度があんまし分かってなかったもんで、それこそ"おベンキョウ"しに行きました表情うっしし
国会で、あれよあれよとゆー間に強行されてしもて、この制度の問題点が論戦を通じて十分明らかになる前に通ってしもたもんやから、どうやら「悪い」制度らしいっちゅーんは分かってたんやけど、具体的にどう「悪い」んかがピンとこんまま時間が経ってしもてて、今回、学ぶ機会があると知って参加させてもらいました。

 

↑お話する大阪教職員組合の米山書記長


私は教員やないから、基本的な"働き方"を知らんかったんやけど、大阪府の教員の労働時間やら、原則的には「超過勤務」がなくて、4つの条件がある時だけ「超勤」が発生することを知りました。
「超勤」がない=残業代が支払われないことは知ってたんやけど、4%の「教職調整額」とゆーのが支給されてて、それが「残業代」代わりやとか…表情ひえ〜


おまけに、それを支払うことと引き換えに、超勤手当も請求できへんし、労使協定も結ばれへんとか…表情あちゃー
「労働者」としての「権利」が、めちゃめちゃ侵害されてるぅ〜表情怒り

教員の働き方がブラックになってるんが明らかになって、解決せんならんのははっきりしてるけど、仕事の量が減るワケやなし、教員を増やすでもなしで、「忙しい時期は長く働いて、ヒマな時期はまとめて休んだらええ」なんか、そらちょっと都合エエ話やで…表情ふらふら
そんなんで、今の過労死ラインを超える長時間労働がなくなるワケないやんか怒り

教員がゆとりを持って働けることは、何より子どもたちがいい教育を受けられることになるんやから、やっぱり教育を増やして、ひとり一人に目が行き届く環境をつくるんが国の果たす役割ちゃうんかいな…表情ぶんぶん
アヘさんはまったく、悪いコトしかせんなぁ…表情がっかり

しかし、参加してた若い先生たちの存在には、励まされたなぁ〜表情にこにこ
子どもたちが受ける教育をよくするためにも、先生たちの本当の意味の「働き方改革」を実現したいと思います手グー

カテゴリ:日記 | 23:27 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする