<< 1月31日の中原さん | main | 学ぶ機会…余は満足ぢゃ(*^^*) >>
カジノ・「都」構想ストップ緊急学習会

今日は、朝の新聞配達の後、地域の共産党の「後援会ニュース」を配って、午前中は、「明るい民主大阪府政をつくる会」泉南地域連絡会の緊急学習会に参加しました。
"カジノ・「都」構想ストップ"をテーマに、二人の講師に講演いただきました。




「大阪市をよくする会」事務局次長の中山直和さんからは、"吹き出す矛盾 大阪府(都)構想"と題して、「都」構想の問題点をあらためて聞くことができました表情にこにこ
私らはよく、「なんで維新支持があんなに多いんやろ…」ってギモンに思うんやけど、中山さんが維新支持者の"3パターン"についてお話してくれて、「ははぁ〜ん、なるほどな〜」でした。

1.維新が進める政策で、もうかる人たち(財界や企業関係者)
2.高校授業料無償化や塾代補助(月1万円※大阪市内のみ)などの子育て支援策で、恩恵を受ける人たち
3.「身を切る改革」によって財政が立て直って、子や孫の世代が救われると思い込まされている人たち

ほほ〜…維新支持者の100%がどれかに当たるかどうかは別にして、何だかナットク…表示冷笑
トランプ大統領やないけど、「フェイク」と徹底した「刷り込み」が"オハコ"やから、ダマされるんやなぁ…表情がっかり

「都」構想の問題点などもあらためてお話してくれはったんやけど、時間が短くて、「よっしゃ、ワカッタびっくりマーク」とまではならんかったなー…表情困惑
後は自分で勉強しなきゃです汗

後半は、"底知れぬカジノ汚職・街壊すカジノ誘致"をテーマに、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会の事務局次長・新川眞一(にいがわ・しんいち)さんがお話されました。
衝撃的だったのは、韓国の江原(カンウォン)ランドのカジノ視察の報告でした。

江原ランドカジノの周りは質屋や風俗点がいっぱいで、中には車を買い取る店まであって、車から家から何もかも売ってカジノにお金をつぎ込んでしまう"カジノ・ホームレス"が問題になってるとか…表情おろおろ
治安が悪くなって、カジノ開業前の2000年には約7万人だった人口が、今じゃ1万人にまで減ってるとゆーのにも驚いた…表情ふらふら

カジノ場内での自殺者が10人も出てて、場外はその10倍とも言われているとか…表情悲しい
カジノは、「構造」そのものがワナになってて、移動する途中途中でお金を賭けるように「仕組まれて」るって話には、「お金」に対する人間の「欲」(もうける側もつぎ込む側も)のオソロシさを感じました表情ひえ〜

計画地の舞州(まいしま)は、日に数何十万人もの人が集まる場所にはキケンやとか、「税金は1円も使わない」って松井・大阪市長は言うけど、鉄道や道路、上下水道などにすでに1,000億円近い税金を使うことが計画されてるとか、ここで書ききれへんほど問題だらけ…怒り
「都」構想もカジノも、広く本質を知らせて、ホンマにやめさせなアカンわ表情ぶんぶん

カテゴリ:活動報告 | 23:45 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする