<< 5月7日の中原さん | main | 1日早い"母の日" >>
1人一律10万円!

今日は朝から共産党の会議で岸和田へ…午後も引き続きコロナ対策本部会議をやって次のニュースの内容などを相談して、夕方は役場に行って、臨時議会の議案のレクチャーを少々…表情冷や汗

夜は、今年の「平和行進」の持ち方について、実行委員会で相談しました。

 

今日は、みんな気になる、「特別定額給付金」びっくりマーク

岬町ホームページからコピペしました〜パソコン

 

一人あたり10万円の給付(特別定額給付金)について

更新日:2020年05月01日

 

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方

 

受給権者

給付対象者の属する世帯の世帯主

 

給付額

給付対象者1人につき10万円

 

給付金の申請及び給付の方法

◆郵送申請方式

岬町から受給権者宛に郵送された申請書に振込先口座を記入し、本人確認書類の写しと振込先口座の確認書類とともに同封の封筒に入れて返送してください。

◆オンライン申請方式(マイナンバーカード及びスマートフォン又はICカードリーダライターをそなえたパソコンが必要です)

マイナポータル上の「ぴったりサービス」から特別定額給付金の申請を選び、画面の指示にしたがって必要事項を入力し、振込先口座の確認書類をアップロードしてください。

 

受付期間及び給付開始日(予定)

◆郵送申請方式:令和2年5月下旬発送

  受付期間:令和2年5月下旬から令和2年8月下旬まで

  給付開始日:令和2年6月上旬から

◆オンライン申請方式

  受付期間:令和2年5月1日(金曜日)から令和2年8月下旬まで

  給付開始日:令和2年5月15日(金曜日)から

 

★収入の減少等により生活に困っている世帯のための早期支給について

特別定額給付金の早期支給について

 

 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策にかかる特別定額給付金について、岬町では収入の減少等により生活に困っている世帯のため、通常の申請手続きに先行して、5月1日(金曜日)より申請書のダウンロードを開始いたします。(ダウンロード用申請書は本ページにのみ掲載しています。)

 

 先行申請を希望される方は、本町指定の申請書をダウンロードして必要事項を記入し、本人確認書類の写し、振込先金融機関口座確認書類の写しを申請書裏面に貼り付けのうえ、下記送付先まで郵送にて提出してください。(先行申請の場合、送料は申請者負担となりますが、ご了承ください。)

 

 先行申請をご利用された場合でも、別途岬町から申請書が送付される場合がありますが、給付は1回限りとなります。なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送による受付のみとし、給付についても口座振込とさせていただきます。ご理解賜りますようお願いいたします。

 

 通常の申請書は、5月下旬に全世帯の世帯主様宛に送付をする準備を進めています。お急ぎでない方はそちらをご利用ください。

 

★配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

 配偶者からの暴力を理由にして避難している方で、事情により今お住いの市区町村に住民票を移すことができなない方は、一定要件を満たすことにより今お住いの市区町村で特別定額給付金を受けることができます。

 

◎配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、裏面に記載の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。


世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
今お住いの市区町村に申請を行っていただきます。
手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。


【対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件】


次の 銑のいずれかに該当する方
’朸者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
N疣贈嫁4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること


◎ 給付金額
・世帯構成員1人につき10万円


◎ 申出期間中(令和2年4月24日から4月30日まで)に、今お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。


※「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
※「申出書」は、お住まいの市区町村窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
※令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」を提出することはできます。


◎ 「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。
・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
・保護命令決定書の謄本又は正本
※ 同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
※ 令和2年4月28日以降に今お住まいの市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば市区町村において確認がとれるため、上の書類は必要ありません。

 

◎ 「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された、今お住まいの住所等の情報は知らせません。

 

◎ 特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。


◎ 詳細につきましては、今お住まいの市区町村にお問い合わせください。

カテゴリ:お知らせ | 20:22 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする