<< 臨時議会 | main | 生き返った〜(≧▽≦) >>
制度は中までよく見なきゃ…(-_-;)

この間、コロナに関わっていろんな制度が拡充されてて、それはイイんだが、こちらはおベンキョウに追われている…汗
しかしな〜、一生懸命おベンキョウしても、"使いモンにならん"制度やと、「何やねーん怒り」となるワケやが、その一つが大阪府の「休業要請支援金」です表情怒り

「東京みたいに財政力がないから、大阪ではやりません」って言ってた吉村知事が一転、府の休業要請に応えた事業者への給付を実施するって期待を集めたケド、中身は残念や〜表情ふらふら

対象になるんは、府が「使用制限」を求めた施設やお店が4月21日〜5月6日の期間、閉めてたことと、前年の4月の売り上げが50%以上減ったことの2つが要件で、中身をよくよく見ていくと、当てはまる事業者がかなり少なそう…表情悲しい

飲食店の場合、朝5時から夜8時までに営業時間を短縮したトコが対象になるんやけど、元々その範囲内でしか営業してなかったトコは対象にならへん…表情困惑

申し込むんに、まずはインターネットで登録してから書類を取り出すことになってて、「ネットせぇへんモンはどないしたらエエねん」とゆー疑問が…表情冷や汗
当初なかなかつながらなかったコールセンターに、5月6日の夜にかけたらつながったびっくりマーク

聞くと、7日からは市町村の担当課でもらえるように手配したそうな表情にこにこ
それは良かったけど、4月27日から申し込みが始まってんのに、対応が遅い〜汗

さらに、カラオケもできる、いわゆる"飲み屋"が、アルコールを夜7時までにして8時に閉店したら対象になるか…とゆーナゾが出てきて、もっかい電話したらつながった手チョキ
どうやら電話が殺到してたんは、コールセンター開設の初期段階だったようで、すでに問い合わせ数は落ち着いているらしい…それって、「ウチは対象にならない」と分かった事業者がかけへんようになったってことなんやないかなー…表情やれやれ

話がそれたケド、カラオケができる"飲み屋"の話で、結論は「対象外」やとか…表情ひえ〜
電話に出てくれた職員は、「ちょおっとお時間ください…」とそこそこ待たされたが、かなりいろいろ調べて答えてくれた…表示冷笑

とにかくカラオケは「休業要請」施設なので、カラオケをまったく使わないで飲食の提供のみならOKなんやとか…表情冷や汗
1曲でも歌ったらアカンってことになるわけやけど、ややこし〜なぁ…表情がっかり

しかし、1ヶ月以上休んだとして、法人で100万円、個人事業主で50万円とは、少ない…表情ふらふら
町内の対象がいかほどかを担当課に聞いても、申し込みは府に直接するから分からない…表情困惑

府に聞いたら分かるんやろけど、対象を決めるんも問い合わせに答えるんも申し込み先も府やのに、お金だけは半分市町村が出さされる…府と市町村との「共同」事業なんか、よぅ言うワ…表情ぶんぶん
悪い制度やないけど、対象が狭い…表情あちゃー

ハデにマスコミで取り上げられてたケド、中身をよぅ見なアカンことが、あらためてよぅ分かった…表情冷や汗
事業者への支援は、国もやってるケドほんまにお粗末やから、もっと思い切って、ほいでもってもっと早く"真水(まみず)"=現金が届くようにせなアカンです手パンチ

カテゴリ:ブツブツ… | 20:51 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする