<< 7月14日の中原さん | main | 7月16日の中原さん >>
7月15日の中原さん

今朝は新聞配達やったんで、帰ってからPCに向かっててもぼぉっとなって困りましたワー表情ふらふら
午前中、地域の共産党の会議の打ち合わせしてる間は、喋り合ってるからおメメぱっちりやった〜目

コロナ感染防止のために減らしていた会議やけど、回数をもうちょい増やそうかと相談しました。
大阪でもまた感染者数が増えてきてるし、引き続き感染防止の対策が必要なのは変わらへんので、1回の会議が長時間にならんように、毎回の会議は工夫が必要やから、事前の打ち合わせ会議を持つことも決めました手チョキ

午後からは、高石市以南の12の市・町の共産党議員団の団長会議があって、コロナ対策独自策の情報交換を中心に意見交換しました表情にこにこ
そこであらためて分かったんは、岬町の追加対策の速さと、岬のでは"ギガ・スクール構想"の予算をコロナ対策費から支出しないことです。

ウチ(岬町)の追加対策が速かったんは前にもブログで書いたけど、よその追加対策の資料を見てちょっとビックリしたんは、"ギガ・スクール構想"の予算を国からのコロナ対策の臨時交付金から支出してるところがいくつかあったコト…汗
いわゆる"1人1台端末"ってゆーやつで、子どもたちに、タブレットを配布してオンライン授業などに活用する事業なんやけど、ウチは一般会計から支出することにしてて、国からのコロナ対策の交付金は使いません。

よそがアカンとは言わんのやが、タブレットにお金使ったら、住民向け施策のお金がだいぶ減るから、ウチはそないせんで良かったナ〜…と思いました表情ほっ
国からの交付金が入ってくるんは先のことやから、とりあえず自分とこのお金を使って対策をやらんならんのやけど、よそはいったん出すそのお金の工面が大変やとかも聞くと、ウチかてようけ貯めてるワケやなし、そんな中やのにようやったなー…と"地方自治体の心"を感じましたハートぴかぴかひかる

夜は、共産党創立98周年の記念講演を視聴しました。

コロナ禍のもとで、利潤追求や弱肉強食の「新自由主義」がはびこってきた結果、社会のあらゆる分野で出てた"ほころび"が、ビリビリと破けて持たんようになってることがあらためて語られました。
感染症と人類の歴史にも触れつつ、「こんな政治を続けてていいんか」をダイナミックに問いかける内容でしたぴかぴか

また"おさらい"したいな〜表情うっしし

 

党創立98周年記念講演会 7月15日午後6時半から

カテゴリ:日記 | 23:28 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする